自費診療・保険外診療・検査費用一覧

自費診療(公的な医療保険が効かない医療行為)の費用につきまして下記にお示しします。

下記以外の医療行為でも合理的な検査・診療行為である場合、自費診療にて対応させていただきます。その場合は例外を除き通常の保険診療の医療費の10割負担にて行っております。また当然ですが費用が安く済み社会的意義も含め、明らかに必要で合理的な検査・診療行為は保険診療で行うことを勧めさせていただきます。なお合理的でないと院長の裁量で判断するいかなる検査・診療・処方行為にも応じられません。これらの要求はご控えください。

また同一の病態・疾患に対して保険診療と保険外診療(自費)の併用は例外を除き法令によりいたしかねますので、予めご了承ください。

表示は全て税込み価格になります。

自費診療を受けられる場合も原則保険証をご持参ください。

 

ワクチン接種

インフルエンザワクチン 3000円

麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン) 8000円

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス) 8000円

帯状疱疹ワクチン 8000円

子宮頸がんワクチン(ガーダシル) 16000円

B型肝炎ワクチン(ビームゲン) 1回目7000円 2回目以降5000円

 

自費検査

ピロリ菌検査(ABC検診) 4000円

便培養検査 6020円~7120円

 

自費健診

通常9000円~11000円ですが、検査等の項目が少ない場合、健診費用が下がる場合がございます。お電話でご予約の際にお問い合わせください。

 

文書料金

いずれも内容が複雑な場合や複数の文書が必要な場合などは、費用が下記より高くなる場合がございます。

また文書に関しましては、事実と異なること、専門外の分野のこと、判然としないもの、因果関係が不明な事、については記載いたしかねますので予めご了承ください。(日本医師会の答申によりこれらの文書は記載すべきではないとされております。)

診断書:2000円から

治癒証明書:2000円から

会社などへの提出用書類(簡単に記載出来る証明書など):2000円から

領収書発行済証明書:1000円から

処方箋発行

処方箋発行料 3000円から

自費で使用希望の薬剤について処方箋を発行し対応できる場合がございます。ただし下記に例を挙げるような極限られた薬剤にとどまり、これらの薬剤も副作用の観点から処方しない場合があります。その他の薬剤についても処方箋を発行するかしないかは全て院長の裁量で決めさせていただきます。医師法・医療法順守の観点からも、院長が拒否する薬剤の処方の強要には応じられませんので予めご了承ください。(過度な要求があれば躊躇なく医師会・警察に相談させていただきます。)

・プロペシア